toggle
2017-08-22

スポットライトの魔法

大きな発表会を終えた今、抜け殻のような脱力感と異様な高揚感の間に私はいる。踊ったのは群舞のアレグリアスと、ソロのガロティン。アレグリアスには苦労した。ソロよりも群舞の方が大変だと思う。だって一人で踊る分には多少間違えたってバレないけど、群舞の中で一人違う手を挙げでもしたらすぐに目立ってしまうのだから。個性の出しすぎもよくない。協調性が大切。かといって全員が美しく揃いすぎるのもフラメンコじゃない。理詰めで考える癖がある私は、いつもこんな風にゴチャゴチャ考えてしまう。でもそんなのフラメンカじゃないからとりあえずは動いてみなくちゃ。
発表会までの時間はほとんどアレグリアスに使った。アレグリ7に、ガロティン2。残りの1が食事と睡眠というような生活だった。そんな無理のある苦しい生活がやっと終わったのに、ホッとしてもいられない。問題のアレグリアスはちゃんと踊れたのかしら、間違えたところは自分が意識しているだけで3箇所ある。舞い上がっていた頭で気づかなかったミスは他にもたくさんあると思う。恐ろしくてビデオチェックはできない。次に先生に会うのも怖い。さんざん苦労してやり遂げたのに、どうしてこんな気持ちにならなくちゃいけないのだろうと思うのにやめられないのがスポットライトマジック。
やっと苦しみから開放された今、また考えるのはやっぱりフラメンコのこと。次に教わる曲はなんだろう? フラメンコマジックにはまる幸せな私。

(埼玉県・みっちー/29歳)

パセオフラメンコ201010月号 掲載

コメント欄に感想などいただけると激しく喜びます🙂

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。