toggle
2017-08-09

初発表会に初アイテム

忘れもしない、初めての発表会前の事。当然演目は「セビジャーナス」。
なのに、私はなぜかマントンを持たされていた。初心者の私でも知っていた。「マントンは中上級者向けのアイテムだ。」って事くらい……。しかし練習は始まった。やるしかない。なんとか振り付けを覚え仕上げに入る頃、自分のマントンを用意するようにと先生は言った。言ったから買ってみた。指定のサイズのマントンを……。
次の練習日に、私は意気揚々と新品のマントンを振った。が、遠心力で自分が吹っ飛んだ。私のマントンは重かった……。先生は私のマントンを持ってのたまった。「こんなの、私でも振れない。」と。しか~し! 発表会まで1ヶ月を切っている。私の財布も底をついている。新しい物を用意する金はな~い。私は踏ん張った。土俵入りの相撲取りの如く踏ん張った。が、重すぎて素早く引き戻す事が出来ない。
こうして、重すぎるマントンの為に振り付けを変更し、3分台で踊るはずのセビジャーナスは、5分近くのゆっくりなテンポで踊る事となったのでした。後日計測した私のマントンは1㎏ありました。通常の2倍……。
発表会当日、もちろん私は重量級のマントンをビュ~ン、ブ~ンと轟音を響かせながら踊り切ったのです。

(神奈川県・デブでもフラメンコ!/42才)

 

<パセオフラメンコ2009年9月号 掲載>

コメント欄に感想などいただけると激しく喜びます🙂

  • 果報は寝て待て 2018年8月3日
    果報は寝て待て 「良いことは自然にやってくるものなので、静かに待っているのがいい」 決して「 寝てるだけでも起 […]
    yolanda
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。