toggle
2017-08-26

昼下がりの秘め事

真夏の昼下がり。ワンコインで踊りにギター伴奏をつけてくれるという某所へ出かけて行った。お願いしてあった今月のライブの部分の合わせをするが、自分への課題もどんどん増えてしまう。まだ100%踊れないのもあって、ソロで踊るとアチコチ痛いほど解る汚い足の音。自分で、汚い、揃っていないと解るのに、足が言う事を聞いてくれない。
 そこで一旦休憩。CDを聴いたり、You Tubeを観たりしながら、あーだこーだと、ちょいと癒されていたら、ついギターさんに愚痴ってしまった。『バイレのみなさんが当たり前のようにやっている一連の足を一生懸命にやらずに、なんとな~くスルーして来てしまったせいで、綺麗に出せない音が一杯だわ』ところがギターさんったら優しく応えて下さるじゃないの。『そーいう事ってありますよねぇ。ボクなんて避けて通って来てるし。でもこれから頑張ればいいですよね、年齢じゃないですよね』
そうだよね!  きっと今がワタシ達のやるべき時だよね! エイエイオー! 今回のライブで、私たちは共に苦手な部分に挑戦する。ちーっとばかし(いや、かなり)「やるべき時」がずれているのかもしれないけど。フラメンコに恋してスタジオ&カフェまで作ってしまった40半ばのギタリストさんの一言で、フラメンコに片思い中の40代も終わりに近いワタシは、元気をもらい、一生懸命に頑張ろうと誓ったのだった。二人で手を取り合って誓った、ちょっとキケンな昼下がりの出来事。

(千葉県・カルミーナ/49歳)

パセオフラメンコ20112月号 掲載

コメント欄に感想などいただけると激しく喜びます🙂

  • 果報は寝て待て 2018年8月3日
    果報は寝て待て 「良いことは自然にやってくるものなので、静かに待っているのがいい」 決して「 寝てるだけでも起 […]
    yolanda
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。