toggle
2017-09-08

フラメンコは恥ずかしい

突然起こった3・11の大震災。私達の住む町は大きな被害は免れたが、テレビなどから入ってくる悲惨な映像や情報に胸を痛め、フラメンコを生きがいとしていた妹が、踊れなくなってしまった。
妹は、勤め先の老人ホームで、月に一度フラメンコを披露していた。が、私は観たことがない。恥ずかしくて観られないのだ。毎度お誘いは頂くが、「恥ずかしい 」と言って断り続けてきた。ところがお誘いが来なければこれはまた心配になるもので・・・・・・。毎月末はフラメンコのはずだった。聞けば、踊りたくないと言う。そんな気分になれないのだと。利用者のご老人達もふさいでいるし、開催を反対する者も多いらしい。私はしばし考えた。妹はたしか、人を元気にしたい、笑顔にしたいから踊ると言っていたはずだ。「こんな時こそが、お前の出番なんじゃないか? 」私が言うと妹は一晩考えた末、翌日大きなキャリーケースをひきずって部屋から出てきた。「自主練してくる 」
自粛モードで開かれたいつもより質素なパーティは、結果お年寄りに大変喜ばれたそうだ。眠れぬ夜を重ね、笑顔も減っていた利用者さんも、疲れていた従業員も、涙を流して喜んでくれたらしい。「やっぱりフラメンコは人を幸せにするんだよ。お兄ちゃんも観にきたら? 」再び始まったお誘いを、私は丁重に断った。あんなスカートふりふりする踊りを観るのはやはり恥ずかしいし、もし間違って涙など出てしまったら大変じゃないか。

(関東在住・shign36歳)

パセオフラメンコ20123 掲載>

コメント欄に感想などいただけると激しく喜びます🙂

  • 果報は寝て待て 2018年8月3日
    果報は寝て待て 「良いことは自然にやってくるものなので、静かに待っているのがいい」 決して「 寝てるだけでも起 […]
    yolanda
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。